proof

元々は流通コインを作る前の試作貨の事です。一般的に表面は鏡上になっておりトーンがついた物は非常に高価格で取引されます。1900年前後以前の物ですとミントステイトに比べ数倍〜数十倍の価値が付けられる事が一般的ですが、1950年〜のコインなど近年の物はプルーフ貨でも沢山発行されており流通品(ミントステイト)に比べ特別に価値があるというわけでは無いことが多いです。
NGCではPF、PCGSではPRと表記されています。また、CAMEO(カメオ)、ULTRA CAMEO(ウルトラカメオ)など鋳造の段階によって区別されておりプルーフの中でも輝きが異なります。

prooflike

元々、プルーフとして鋳造された物ではなくミントステイトとして鋳造された物ですが、プルーフ状の仕上がりをしたコインを言います。
ミントステイトに比べると高く取引されています。インドのルピー貨などで比較的よく見られます。鑑定機関によってMS62PLやPL60などと表記されます。

unc

製造時の状態を保った未流通のコインを言います。NGC、PCGS共にMSもしくはUNCでグレードが表記されます。ただ、MS65とMS60だと状態としても価格としてもかなり違いが出ます。状態の良い物の方が価格も上がりやすく 第二次世界大戦以前のMS65以上のコインは緩やかかもしれませんが今後も長期的に価格が上がって行く可能性が高いです。
なお、カタログ価格のUNC(未使用)はだいたいMS60レベルの価格だと言われています。

AU

極僅かに流通の痕跡がありますが、未使用に近い状態のコインを言います。NGC、PCGS共にAUでグレードが表記されています。19世紀(1800年代)以降のコインですと希少性や美しさを考えるとAU以上をコレクションとして収集される事をオススメいたします。

EX

流通の痕跡があり、準未使用ほどではありませんがデザインも鮮明に見て取れるコインを言います。NGC、PCGS共にXFで表記されます。16世紀や17世紀の古いコインだとしても美しさ、価値を考えると極美品以上のコインをコレクションする事をオススメいたします。

very_fine

流通による摩滅が進み、デザインが不鮮明になっているコインです。わざわざ鑑定に出さないため鑑定品を見かける事は殆どありません。投資用、コレクション用で考えても余程の希少性のあるコイン以外は美品を収集するのは懸命ではないと思います。鑑定機関ではVFと表記されています。